街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2013年9月2日
日本の東西南北 − 日本の東西南北と国土の重心を制覇!
納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、日本の東西南北制覇記念
日本の東西南北制覇記念 -
今年、納沙布岬を訪ねたことで、日本の東西南北を制覇しました!日本を全て回ったわけではないけれど、なんとなく日本をぐるりとしてきたような気がします。その記念に東西南北の記念碑と、地元で食べたものをまとめて掲載しました。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、日本の東端西端南端北端、そして重心
日本の東端西端南端北端、そして重心 -
最北端は北海道稚内の宗谷岬、最東端は同じく北海道の根室市納沙布岬。最西端は沖縄県与那国島の西崎、南端は同じく沖縄県波照間島高那崎。国土地理院が定めた(?)国土の中心は、石川県珠洲市の禄剛崎。ただ、これは一般の人が訪ねることができる東西南北で、実際の端ではないらしい。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、東端 北海道根室市 納沙布岬
東端 北海道根室市 納沙布岬 -
訪問日:2013/8/31
納沙布岬は北方領土問題の最前線だけあって、最東端という言葉は一切書かれていませんでした。その分、領土問題を強く意識させるモニュメントや看板がたくさんあって、緊張感が漂う場所でした。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、西端 沖縄県与那国島 西崎
西端 沖縄県与那国島 西崎 -
訪問日:2012/9/7
与那国島の西崎は、本当に日本の最西端でここから先は本当の外国。一般人が普通に行ける果ての地とはいえ、東京から2回ほど飛行機を乗り継がないと到達できないので、やはり気軽に行ける場所ではないのです。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、南端 沖縄県波照間島 高那崎
南端 沖縄県波照間島 高那崎 -
訪問日:2012/9/9
日本の果ての地の中で、一番簡素だったのがこの波照間島。モニュメントは旅行者が自費で立てたコンクリートの柱。そこにいくつかそれらしいものが立っているだけ。空港が機能していない人口500人程度の離れ島で、船でしか行けない、僻地感漂う果ての地でした。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、北端 北海道稚内市 宗谷岬
北端 北海道稚内市 宗谷岬 -
訪問日:2011/9/12
最北端と言うと、厳しい自然の中にあって、なかなか行けないイメージを持つかもしれませんが、この宗谷岬は漁村のそばにあって、幹線道路が通っており、観光バスが何台も止まっている普通の海辺の観光スポット。立派なモニュメントが建っていて、果ての地へ来た実感はあまり湧かなかったような・・・。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、国土の重心の近隣 石川県珠洲市 軍艦島
国土の重心の近隣 石川県珠洲市 軍艦島 -
訪問日:2009/9/11
日本の東西南北の中心は石川県珠洲市禄剛崎(すずし ろっこうざき)あたりだといいます。それを意識して訪ねたわけではなかったのですが、記念に一枚、珠洲市の軍艦島の景色を紛れ込ませておきます。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、東の肴 「本物のシシャモ」 @中標津町 つぼ八
東の肴 「本物のシシャモ」 @中標津町 つぼ八 -
北海道にはうまいものがたくさんあるけれど、ここでしか食べられないものと言うと、なぜかシシャモを思い浮かべる。内地のシシャモは、キュウリウオとか、カラフトシシャモという別の魚らしい。北海道では、「本物の」とか「地元の」と言う言葉が付くと、本物のシシャモが食べられる。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、西の昼飯 「ゴーヤチャンプル定食」 @与那国島 与那国空港内 旅果報
西の昼飯 「ゴーヤチャンプル定食」 @与那国島 与那国空港内 旅果報 -
沖縄と言えば、ゴーヤが有名。暑い気候を乗り切るために、この苦さが効いていると思う。いろいろなところでゴーヤチャンプルを食べたけれど、与那国空港レストランで食べたゴーヤチャンプルは、手作り感があって一番おいしかったと思います。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、南のつまみ 「島豆腐」 @石垣島 豊年満作
南のつまみ 「島豆腐」 @石垣島 豊年満作 -
最南端の波照間島では、八重山そばを食べましたが、残念ながら写真を撮り忘れてしまいました。かわりにその夜食べた島豆腐を掲載します。島豆腐は身がしっかりとしていて食べ応えがあり、夏のつまみにはぴったりでした。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、北の贅沢 「うに三色丼」 @稚内市ノシャップ岬 樺太食堂
北の贅沢 「うに三色丼」 @稚内市ノシャップ岬 樺太食堂 -
最北端に行った時は、記念に何か高いもを食べようと心に決めていたので、予め人気店を調べていました。そこでは北の海がてんこ盛りの「うに三色丼」を食べました。近年まれに見る贅沢な昼食で、大満足しました。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、北海道の健康飲料「カツゲン」
北海道の健康飲料「カツゲン」 -
おまけ画像ですが、北海道の方にはメジャーな「カツゲン」。ミルキーでおいしい乳酸飲料です。東京でもどこかで売っていると言ううわさがあるのですが、まだ見たことはありません。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、沖縄の健康飲料「ゲンキクール」
沖縄の健康飲料「ゲンキクール」 -
こちらもおまけ画像。沖縄でも石垣島を中心とした八重山地方で流通している乳酸飲料の「ゲンキクール」。パッケージの色のせいか、どことなくフルーティーな味わいを感じました。東京では戸越銀座の「沖縄石垣島共同売店」で売っている様子をテレビで見たことがあります。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、北海道の真っ直ぐな道
北海道の真っ直ぐな道 -
北海道でよく見かける真っ直ぐな道。道だけが伸びている場所はなかなかないようで、どうしても電柱や標識などが写りこんでしまいます。
日本の東西南北、納沙布岬、与那国島、波照間島、宗谷岬、能登半島、波照間島の真っ直ぐな道
波照間島の真っ直ぐな道 -
意外なことに、波照間島で北海道のような風景を発見しました。上の写真と見比べていただくと、北海道の道より北海道の道らしく感じられてしまいます。狭い島なのに、広い北海道より雄大な大地に見えてしまいます。