街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2013年8月10日
真夏のビアツェルトでドイツ気分 − 立川オクトーバーフェスト2013
立川昭和記念公園
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、近所の公園でドイツ気分
近所の公園でドイツ気分 -
会社の仲間がネットで見つけた、立川オクトーバーフェスト。今年暑さのピーク、真夏の炎天下、ビールを片手にドイツの祭りの雰囲気を楽しんできた。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、昭和記念公園でビールイベント開催
昭和記念公園でビールイベント開催 -
オクトーバーフェスト(Oktoberfest)は、ビールの醸造の季節の幕開けを祝うドイツの祭りが起源で、近年ではドイツ国内はもとより、世界各地で開催されていると言う。本来は10月(October)の祭りだが、立川での開催は8月。まあoctはもともと8だから、8月でもよしとしよう。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ビアツェルトでステージ開催
ビアツェルトでステージ開催 -
オクトーバーフェストに出かけるのは初めてで、もちろん本場ドイツの祭りに行った事などない。おおかたこのようなビアホールテント(ビアツェルト)が設営されて、ビールや食事などが供される形式らしい。テントの中のステージでは、バンドの生演奏をしていて、昼間からたくさんの人たちが顔を真っ赤にして、盛り上がっている。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、Krombacher(クロムバッハー)
Krombacher(クロムバッハー) -
我々は3時ごろからの参加なので、早く追いつこうと早速ビールを買ってきた。ただ、値段がちょっと高い。ジョッキのデポジットが1,000円、ビールがグラスで800円、中ジョッキで1,300円、大ジョッキだと2,000円。更に大ジョッキはデポジットが2,000円かかる。居酒屋の倍の値段だ。だからあまりガブガブ飲むと、とんでもない散財をすることになりかねない。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、富士桜高原麦酒
富士桜高原麦酒 -
しかしせっかく祭りに来たのだから、飲まないわけには行かない。高いデポジットと高い単価には目を瞑り、大ジョッキで頼んでみる。ドイルビール数種と、富士桜爆主麦酒がででん!と鎮座する。大ジョッキというか、これはメガジョッキだろう。本来はこのサイズが大ジョッキで、今の大ジョッキは中ジョッキ、そして中ジョッキは小ジョッキ。そもそもグラスビールなんてものはなかったと記憶している。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、おどけた表情のドイツの大道芸人さん
おどけた表情のドイツの大道芸人さん -
会場には日本人のアルバイトスタッフがいるだけで、ホンモノのドイツ人はあまり見かけない。もちろんである。でもそんな中、家族の大道芸人さんが会場を回って、酔客の笑いを誘う。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ドイツの大道芸人さん ご夫婦でノリノリ
ドイツの大道芸人さん ご夫婦でノリノリ -
今日の主な仕事はお客たちとの記念撮影のようで、奥さんも民族衣装で笑顔を振りまく。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ドイツの大道芸人さん 親子競演
ドイツの大道芸人さん 親子競演 -
そして娘さんも同行している。この娘さんがなかなかかわいい。この娘も芸人さんかどうかわからないけれど、時々お父さんの仕事のジャマをして笑っていた。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ドイツの大道芸人さんの娘さん
ドイツの大道芸人さんの娘さん -
何でヨーロッパ人の子供はこんなにかわいいのだろう?昔の人がこの子のような子供たちの笑顔を見て、天使や妖精の着想を得たのではないかと思えてくる。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ドイツのバンドマン 謎の小道具
ドイツのバンドマン 謎の小道具 -
ビアツェルトのステージは2時間おきに開演する。そのたびにバンドマンが入場するのだけれど、夕方の公演ではなんだか変な道具を持ってステージに上っていった。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ドイツバンドの本格生演奏
ドイツバンドの本格生演奏 -
このバンド、なかなかうまい。でも時々何か言って仲間内で笑っている。ドイツ語がわかる様子の客も笑っているから、なにか気の利いたことを言っているのだろう。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、会場は大盛り上がり!
会場は大盛り上がり! -
でもだんだんと雰囲気がおかしくなってきた。どう聴いてもヨーデルのような歌、更には観客席から何人か呼び寄せて、ヨーデルの合唱を始めてしまった。まぁスイスとドイツは近いから、同じような文化があっても不思議はないのだけれど。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ピコピコハンマー登場!
ピコピコハンマー登場! -
でもやっぱりおかしい。エルヴィス・プレスリーの物まねをしてみたり、ピコピコハンマーでコントをしてみたり。もしかしたら、この人たちはドイツのドリフターズなのだろうか??
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、サックスのソロ
サックスのソロ -
とはいえ、楽しい演奏とパフォーマンスで酒の席を盛り上げてくれる。音楽と酒と笑いは、文化も国籍も超えたなんともいえない一体感を生み出してくれる。昔テレビで見た、ビアホールの雰囲気を体感した。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ビアツェルトが大きな歓声に包まれる
ビアツェルトが大きな歓声に包まれる -
演奏が終わると、ビアツェルト全体に大きな拍手が巻き起こる。ホント、我々を楽しませてくれる人たちだ。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、演奏はなかなかだけど、実はコミックバンド??
演奏はなかなかだけど、実はコミックバンド?? -
でもやっぱりコミックバンドだと思う。カタギのミュージシャンは、カメラ目線でこんなことはしないだろう。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、ドイツ風 Choo Choo Train
ドイツ風 Choo Choo Train -
最後はビアツェルトの客の半数が並んでドイツ風Choo Choo Train(??)をして、1ステージ終了〜。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、たくさんのビールやつまみも
たくさんのビールやつまみも -
会場を取り囲むように何店舗ものショップが並んでいて、本格的なドイツビールを何種類も楽しめる。ソーセージだってなかなか本格的。ただ、値段がそれなりなので、財布にはあまりよくない・・・(涙)
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、夕暮れのビアツェルトにて
夕暮れのビアツェルトにて -
一緒に出かけた仲間たちも、日が暮れる頃にはいい具合になってきた。この暑さの中、酒だけではカラダが辛いので、ちゃんと水分補給して熱中症対策を忘れずに。
真夏のビアツェルトでドイツ気分、立川昭和記念公園、結局最後はこうなるサダメ
結局最後はこうなるサダメ -
で、ドイツビールを楽しみに着ていたはずなのに、いつの間には日本酒に走ってしまう私たち。オクトバーフェストに出展していた、磐梯の栄川酒造「栄川(エイセン)」、岩手県大槌の赤武酒造「浜娘(はまむすめ)」、大船渡の酔仙酒造「Rise UP,KASEN」青森の「桃川」を楽しんだ。ビールと日本酒ってところで、やっぱり我々は日本人なんだなぁと思う夏の夜。