Sweet Heaven Photograph & Words.
湖のほとりの秋・紅葉
2016.12.12
2016.12.12 / 東京都東村山市 狭山公園 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(210mm)
猛暑の夏だった2016年。秋を迎えても暖かい日が続き、森の色が深まる日が遠かった。11月の中旬、多摩湖のほとり、狭山公園の紅葉もまだ緑を残していた。
2016.12.12 / 東京都東大和市 狭山公園入口 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(65mm)
12月。ようやく森全体が季節の色に染まりはじめる。空の高さと青に秋を感じるが、季節はもう冬。木枯らしが木々の衣を吹き飛ばす季節なのに、秋はこれからといったところだ。
2016.12.12 / 東京都東大和市 狭山公園 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(150mm)
多摩湖の堤から、狭山公園の宅部池(たっちゃん池)の森を見渡す。丘陵の森の紅葉・黄葉の色は、少し浅いように感じる。それは今年の夏の暑さだけが原因だろうか。
2016.12.12 / 東京都東大和市 狭山公園 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(50mm)
空を見上げながら宅部池の遊歩道を散歩する。時折、入間へ降りるジェット機の轟音が響く。また耳をすませば、羽田や成田を飛び立ち、高い空を行く旅客機の音も聞こえる。今日は空が澄んでいるので、高い高度の機影がはっきりと見えた。
2016.12.12 / 東京都東村山市 狭山公園 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(160mm)
毎年この季節、森で一番赤く染まる一帯を歩くと、期待通りの紅葉を楽しむことができた。このあたりの数本は、どこかの庭園にしつらえられた樹のように濃く染まる。
2016.12.12 / 東京都東村山市 狭山公園 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(170mm)
そして日が傾いてくると、森のほかの木々の木漏れ日がスポットライトのように、ちょうどよい具合にきれいなモミジの葉の形を映し出してくれる。
2016.12.12 / 東京都東大和市 狭山公園 / Canon EOS 5DS / EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM(130mm)
多摩湖のほとりの狭山公園は、東西を丘陵や多摩湖の堰堤に囲まれているため、陽のあたる時間が短い。まだ昼頃だというのに、もう西側の森が日差しを遮ってしまっている。それがまた秋の雰囲気をほどよく演出しているのかもしれない。