Sweet Heaven Photograph & Words.
Blue Bonin Blue - 蒼海の小笠原-2 -
2016.10.27
2016.10.27 / 浜辺の記憶 / 小笠原諸島 父島 宮之浜海岸 / Canon EOS 5DS / EF17-40mm F4L USM(17mm)
宮之浜は、車やバイクで横付けできる浜辺の中では、最も魚影が濃いという。この日も多くの人が、仲間やオプショナルツアーで宮之浜に来ていた。沖合の「兄島瀬戸」は、南の海の魚や、ウミガメなどを観察できる海中公園になっている。しかし父島と兄島との間の海峡なので、潮の流れが強い。そのためだろうか、小さな枝サンゴが目立つほかの浜よりも大きなサンゴが流れ着いていた。
2016.10.27 / ボニンブルー / 小笠原諸島 父島 長崎展望台 / Canon EOS 5DS / EF24-105mm F4L IS USM(24mm)
宮之浜を後にして、島を環状に結ぶ道を東海岸へと進む。急な山道を登りきり、トンネルを抜け、長崎展望台にたどり着いた。長崎展望台からは、父島のワシントンビーチと長崎(ロングポイント)を見下ろし、兄島瀬戸を挟んで、兄島の「家内見岬」を見渡すことができる。ビーチの砂とサンゴ礁が織りなす碧色から、海淵にも思える深い藍色、ボニンブルーへと一気に入れ替わるコントラストは唯一無二のものだろう。
2016.10.27 / 守られる島 / 小笠原諸島 南島 鮫池 / Canon Powershot G9x / 10.2-30.6mm(10.2mm)
小笠原を訪ねた大きな目的のうちの一つである、「南島」へ向かう。小笠原の景色として、多くの人が思い浮かべる風景は、実は父島の風景ではなく、この南島にある砂浜なのだ。南島は天然記念物に指定された地形を有しており、地元の協定による様々な制限下にあり、自然ガイドと同行しないと上陸できない。この日は小笠原観光(有)のツアーに参加した。船は少し荒れていた父島の外海を進み、南島の鮫池という入江に入り、ツアー客を上陸させる。南島は石灰岩の島で、ラピエ(仏:剣)というとがった岩が露出しているので、十分注意しないと危険な場所である。
2016.10.27 / ポルコの浜辺 / 小笠原諸島 南島 東尾根から扇池のアーチを望む / Canon Powershot G9x / 10.2-30.6mm(30.6mm)
いわゆる「小笠原の風景」がこの「扇池のアーチ」である。南島はサンゴ由来の石灰岩で形成された陸地である。その陸地が氷河期の海水面低下でいったん水面に露出した時代に、その陸地の地下の一部が雨水などに浸食され鍾乳洞となり、鍾乳洞の上の地面が陥没してドリーネ(独:陥没孔)という窪地を形成した。その窪地がこの扇池や鮫池の原型となった。そして温暖期の海面上昇により、陸地ごと再び海に没し、波などが窪地の壁を浸食し、海とつながる穴が穿たれ、扇池アーチが形成された。
2016.10.27 / 世界遺産の島に棲む / 小笠原諸島 南島 扇池 ヒロベソカタマイマイの半化石とオオヤドカリ / Canon Powershot G9x / 10.2-30.6mm(10.2mm)
また南島は「ヒロベソカタマイマイ」の貝殻でも有名である。ヒロベソカタマイマイは、何らかの理由で数百年前に絶滅したカタツムリの仲間で、今はその殻の半化石(化石になる途中の状態)が残っている。写真は、ヒロベソカタマイマイの貝殻に棲み付いている天然記念物の「オオヤドカリ」。天然記念物の生物が天然記念物の浜辺で、絶滅生物の殻の中で暮らしている貴重(?)な記録である。
2016.10.27 / 蒼い海に別れを / 小笠原諸島 父島 東海上 兄島瀬戸 東島とローソク岩 / Canon Powershot G9x / 10.2-30.6mm(10.2mm)
南島に滞在できる時間は短い。自然保護の観点から、1日の上陸人数は100人、滞在時間は2時間までと定められている。ボートは再び荒波の中へ進む。南島へは父島の東岸から上陸し、帰りは父島の南岸から東岸をまわる。朝日を仰いだ東島とローソク岩をが近づき、そして離れてゆく。ボニンブルーとも別れる時が近づいてきた。
2016.10.27 / 青く暮れ行く島 / 小笠原諸島 父島 コペペ海岸 / Canon EOS 5DS / EF17-40mm F4L USM(17mm)
そしてまた南の島に夕暮れが近づいてくる。北西から流れてくる雲が青空を覆い、刻一刻と景色の中から色を消してゆく。
2016.10.27 / そして夕日は雲に隠れた / 小笠原諸島 父島 コペペ海岸 / Canon EOS 5DS / EF24-105mm F4L IS USM(50mm)
昨日と同じように続く空の変化も、これが最後かと思うと寂しいものに思えてならない。
2016.10.27 / 蒼と夕日のグラデーション / 小笠原諸島 父島 奥村付近から大村を望む / Canon EOS 5DS / EF17-40mm F4L USM(17mm)
広い景色を見たくて小笠原を訪ねた。この島の青は特別な色だったけれど、今見ている夕暮れは、どこかで記憶に刻まれた夕暮れと同じ色をしている。でもいつも見ている夕暮れとは違う色だ。見慣れているはずのものを見られなくなっているから、時々広い景色が恋しくなるのかもしれない。
2016.10.27 / 洋上の西空 / おがさわら丸 小笠原諸島 北方海上 / Canon EOS 5DS / EF24-105mm F4L IS USM(24mm)
そしておがさわら丸は左手に夕日を見ながら、青い波の中を進んでゆく。
- おわり -
2016.10.27
小笠原に関連する情報
2016.11.01
2016.11.08
■詳細情報:新おがさわら丸(三代目 / 2016年7月就航)のレストラン、ラウンジメニュー →詳細はこちら
■詳細情報:新おがさわら丸(三代目 / 2016年7月就航)の船内生活 →詳細はこちら
2016.11.05
■詳細情報:小笠原 父島の位置 →詳細はこちら
2016.11.05 / 掲載しているグリーンフラッシュの写真は模造です
■詳細情報:小笠原の科学 →詳細はこちら
2016.11.08 / 聖ジョージ教会 / 小笠原諸島 父島 大村地区 / Canon EOS 5DS / EF17-40mm F4L USM(40mm)